0歳児入園のためにすることは?私が実際にした保活内容

子育て

今回は自身も子どものように自由でありたいと願う筆者(母ちゃん)が実際に行った保活を紹介します。

といっても、我が家はどちらかというと引越しを伴うレアなケースの保活だったので、今回は必須になるであろう項目にしぼった実際に行った保活(0歳児入園)を紹介ます。参考になれば幸いです。

0歳児入園の申請日はいつ?保活をいつから始めればいいかはこちら↓の記事を参考にしてみてください。

保活=保育の必要があることを証明すること

実際の保活は残念ながら、どの園に入れるのが我が子にとって最善なのかを調べるよりも、どの園でもいいから入れるように活動する方が大半です。

保育園に入れるか否かは、それぞれの自治体が決めた利用調整点によります。合計点数の高い家庭から”保育施設を利用する必要があるとみなされ、希望している園に振り分けられます。

フルタイムの共働き夫婦が多く、待機児童が多い地域ほど1点の差は大きいです。

記事冒頭でもお伝えしたように、我が家の保活はレアケースです。保活のために引越しというかなり大がかりな手段を使いました。
保活当初住んでいた入園絶望的な市から望みのある近隣の市に移転。当記事は引越しは関係なく、ほとんどの方に共通するであろう下記の項目を紹介しています。
戦場を知る(保活地域を知る)=待機児童数・最低利用調整点数
戦闘力を知る=利用調整点

①戦場=保活地域を知る

まずは住んでいる地域の待機児童数や、通える範囲の保育園の雰囲気がどうなのかの情報収集をしました。戦場の状況を把握したのちに作戦を立てるためです。(生後2~3ヶ月ごろの話)

各保育園の受け入れ人数・待機人数・全体の待機児童数はそれぞれの自治体のホームページで公表されています。

[ メモしておくことリスト ] 
・保活地域全体の待機児童数
・通える範囲の保育園のリスト
・各園の情報(公立or私立 /園庭の有無 /給食の有無 /寝具の有無 etc. )
・受け入れ人数

保育園の見学はしなくても良い場合もある

百聞は一見にしかず。園や先生、実際通っている子どもたちの雰囲気を知るためにも見学はとても大切です。

しかし私は1度もしていません。その理由は

見学の有無は利用審査の対象外であったため
0歳児をかかえて引越し先の市町村の保育園の見学は大変だったため
そもそも通える範囲の保育園が2つしかなかったため

※見学が必須項目の市町村もあるのでご注意ください。

今では見学しなくともSNSやホームページで園の雰囲気を知ることができるので、無理する必要はないと思います。ただ、少しでも気になる点がある場合は直接自分の目で確かめるのをおすすめします。

疑問は自治体に聞いて解消する

右も左も分からない保活。調べても分からないことは分からない!と行き詰まったので、とりあえず市役所の保育課に行きました。

職員さんとともに保育園のマップを見ながら話を聞くことができます。実際、市内の激戦区を聞いたり、公立・私立の違いを聞いたりと思いつく限りの疑問を尋ねました。

調べても悶々とする些細な疑問がいくつか出てきたら、市役所に足を運ぶことをおすすめします。

最初は市役所へ足を運ぶことを渋っていましたが、気付けば何度もお世話になりました。笑

 渋らずに早めに行き、聞き、モヤモヤを解消しましょう。

電話での問い合わせも◎

すぐに知りたいことは電話でお問い合わせしました。

私は保活ワードの検索魔と化してるとき「前年入園できた方のなかの最低利用調整点数を聞ける!」という情報を見かけたので、すぐさま電話で問い合わせてみました。(以下↓回答)

年度によって違うので、来年度もこの点数あれば入れる!というわけではありませんので、ご注意下さいね!ご希望の保育園はどこですか?

○○保育園0歳児クラスは○点が前年の最低点数です。

急ぎではないけど、対面で聞きづらいことはメールや電話で問い合わせてみてもいいでしょう。

②戦闘力=利用調整点を知る

戦場を知った次は、家庭の戦闘力を知りましょう。保活での戦闘力は利用調整点です。保育園の情報収集や申請方法を手に入れたら、実際に利用調整点を計算しました。

ですが、これがまた難しい。こちらの項目を見てください。

:5日以上かつ週42時間以上の労働…○

雇用契約書を見ればすぐに分かると思いきや「休憩時間は?」「残業時間は?」と次々に疑問が浮かんできます。

備考欄を見ると詳しく書かれており、解決する場合がほとんどですが「この計算で本当にあってるのか」という疑問は少なからず残ります。

自治体が実際にどの家庭が保育施設の利用が必要か判断する書類は、勤め先の職場に書いてもらう「就労証明書です。手元にある雇用契約書ではありません。

よって就労証明書を会社に記入してもらい、それを参考に照らし合わせるのが正確です。

私はならし保育日も含め、上司と電話で復帰日・仕事の形態・勤務時間などを相談した後に、就労証明書を会社に郵送し書いてもらいました。

自分でつけた利用調整点が正しいとは限りません。不安がある場合は自治体の保育課に行き一緒に点数を見てもらうとよいでしょう。

共働き夫婦であれば、父1枚・母1枚の計2枚の就労証明書が必要です。

情報と現状を踏まえて申請書の制作

私は保育園の情報収集のため市役所に行ったときに、利用申請に必要な書類を一式持ち帰りました。

市役所に行かずとも自治体のホームページに、利用申請に必要な書類のPDFデータがあるのでプリントアウトして記入すれば問題ありません。

いまいちどれが必要か分からない場合は、私のように役所の保育課まで行き一式もらうのが確実です。

[ 実際提出した書類 ]
・保育所利用申込書
・保育施設利用の同意書
・児童の健康・アレルギー調書
・母子手帳の写し
・就労証明書
(基本、職場に記入してもらいますが本人が記入する欄も少しありました。)
・転入先の住所と時期が確認できる書類(転居のため)
・住民税課税証明書(転居のため)

そして、書類ではありませんが申請する児童とともに書類を提出するのが原則でした。

提出書類や手続き方法は自治体それぞれ異なります。

先着順ではない!が、早めの行動を

いくら自身で記入ミス・記入漏れの対策をしていても、職場が記入する就労証明書が間違っていてはどうすることもできません。

実際に私は職場に記入してもらった就労証明書にミスがあり、ヒヤヒヤした経験があります。

転入先には市役所経由での申請だったので、期間内に間に合うか気が気ではありませんでした。

私の就労証明書の忙しない動き

イレギュラーなケースではありますが、このようなことがあっても大丈夫なように期間には余裕を持って行動しましょう

作戦会議を念密に保活を乗り切ろう

正直、こんなに保活が大変だと思いませんでしたよね。

利用調整点という言葉すらも聞いたことがなく理解するまでに苦しみましたが立ち止まる時間はないのが保活。涙

保活成功の秘訣、それは、

激戦区をできるだけ避けて、利用調整点をできるだけ上げる。

これに尽きます。

今いる戦場の現状(待機児童数)家庭の戦闘力(利用調整点)を理解して作戦を立てましょう。勝機は誰にでもあります!

正直、待機児童も利用調整点も引越しや転職をしない限りそう簡単には変えられません。できることが限られてくる保活ですが、育児と並行しながらは大変です。市役所職員の方や職場にも協力してもらい、少しでもストレスなく申請を済ませましょう。スムーズな保活、、心から祈っています!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました