千葉県鴨川市のみんなみの里って何?実は子連れにおすすめのスポット!

子育て

自身も子どものように自由でありたいと願う母ちゃん(著者)は先月、千葉県鴨川市に家族旅行で訪れました。そこで立ち寄った道の駅!?と思うような施設、みんなみの里が最高に良かったのでまとめました。子連れ家族におすすめスポットです。

以下は全て202011月現在の情報です。

みんなみの里とは

みんなみの里 地元野菜の売り場

食品から日用品、生活雑貨まで取り扱っている道の駅のような施設です。地元鴨川市の農家さんが作った農産物や地元の銘菓などを数多く取り扱っています。

道の駅といっても、家具・生活雑貨から食品まで取り扱っている無印良品がプロデュースしているため、とてもお洒落な空間です。

食品以外にも陶芸品や炭なども販売しています。

一般的な無印良品の店舗も隣接してあるので、口が寂しいドライブ時に飴やお菓子を買うのにも○
子連れでなくても是非立ち寄ってほしいスポットです。

子連れにおすすめの理由:Cafe&Meal MUJI

みんなみの里に併設されているCafe&Meal MUJIでは、木を基調としたおしゃれな店内で素材にこだわった料理を堪能できます。

季節ごとに異なるメニューを展開しており、プレートランチやハンバーガーなどしっかりめの食事も可能です。ケーキとコーヒーでまったりタイムを過ごすのもいいでしょう。

ここで、子連れにおすすめポイントなのがテラス席です。テラス席ではCafe&Meal MUJIのメニューはもちろん、みんなみの里や無印良品で購入したジュースやパンも飲食可能!
Cafe&Meal MUJI内のメニューで子どもが食べれるものがない場合やシェアが難しい場合はとても助かりますね。

テラス席のすぐ横には少し広めの草むら(?)があります。遊具はありませんが、多少は大きい声出しても大丈夫。走り回ることもできるので、子どもが羽を伸ばす場所としては十分です。

愛犬を連れて食事している方もいて、ほのぼのとした穏やかな空気が流れていました。

私たちが立ち寄ったのは日曜日のお昼頃でしたが、カウンターや2人席などは所々空いている程の混雑具合でした。慢性的な混雑はなさそうです。

子連れにおすすめの理由:絵本スペース

みんなみの里のおしゃれな店内を見回すと、頭上には本が飾られています。ぜひ上を見上げてみて下さい!その繋がりからか、絵本や食にまつわる本が設置されている多目的スペースがあります。

子連れにおすすめポイントは、絵本のサンプルがあるので気になる本を気兼ねなく読めるところです。本棚の高さも子どもに合わせた高さに設置されています。我が息子も吸い込まれるように絵本を開き、読みはじめていました。

その一画には寄付された絵本が並んでいる“つながる絵本”とかかれたスペースがあります。靴を脱ぎ、ゆっくり読むことができるコーナーです。

つながる絵本

もう読まなくなった絵本を次のこどもに。

お店で読むだけでなく、

3冊の絵本を寄付していただくことで、

2冊をお持ち帰りいただけます。

地域のこどもたちに向けて

みんなでつなぎ、

育てる絵本図書館です。

綺麗に丁寧に読むことは大前提ですが、売り物ではないということで親としては神経質になりすぎずに過ごせるのではないでしょうか。

大人も子どものひと休み空間

みんなみの里は家族みんなが“ホッ”とひと息できる工夫が盛りだくさんです。新鮮な地元の野菜も購入できるので「あとは帰るだけ!」の旅行の帰り道にも是非立ち寄って欲しいスポットです。

鴨川シーワールドや海鮮丼を食べに来る際はぜひ、観光コースに入れてみてくださいね。

我が家は旅行1日目にランチで、2日目の帰路で買い物をしました。新鮮な野菜を購入できて大満足です。私が買い物している間、息子と夫はテラス席で休みながらキャッキャッしていました!素敵な思い出の一部です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました