ユニクロはエシカルファッションじゃない!?ウイグル産のコットン問題から読み取る

無添加/エシカル

こんにちは、今日もユニクロのシームレスパンツを履いている母ちゃんです。

早々に話がずれそうなので、戻します。

マタニティー服から子供服まで取りそろえてくれているユニクロ!

私のようにユニクロに助けられているママも多いのではないでしょうか?

しかし、そんなユニクロについて2021年5月20日、びっくりなニュースがとびこんできましたね!

「1月にアメリカがユニクロのシャツを差しどめしてた。」

私の心の声(え、なんで、でもありえるか、、)

この問題については、

「こんなニュース知らなかった。」

「ていうかウイグル自治区ってなんなの?」

「ユニクロってエシカルファッションじゃなかったの?」

「これからファッションはどう選べば良いの?」

とさまざまな声が飛び交いそうな予感。

そこで今回は、

  1. ユニクロ商品をアメリカが差しどめたニュースについて
  2. ユニクロのサスティナブルな活動について
  3. ウイグル産の綿を使っているのかについて

の3点についてまとめてみました。

ユニクロのサスティナブル(=持続可能)な活動やニュースについて「よくわからない方」にもやさしい内容となっています。

ぜひ参考にしてみてください。

ユニクロの商品がアメリカで差しどめられたニュースとは

まず、「どんなニュース?」「内容理解してない」という方もいるかもしれないので、今回のニュースについて知っていきましょう!

2021年5月19日に「2021年1月にユニクロの一部の商品がアメリカで差しどめられていた。」というニュース。

差しどめられていた理由は、
 
「ユニクロの一部の商品に、中国新疆ウイグル自治区で強制労働の末にできた綿を使われていたから。」
 
というもの。
 
ユニクロがウイグルの綿を使っているか否かはひとまずおいといて、、、
 
 
 
まずは中国新疆のウイグル自治区についてカンタンな説明をします。
ウイグル自治区のテロや紛争、政府との衝突を受けて、中国サイドはイスラム教の信仰を捨てさせようとしました。
 
ジェノサイドです。※ジェノサイドとは、民族や人種を集団で計画的に破壊すること。
 
これによって、中国新疆ウイグル自治区では虐殺や強制労働がされているといわれています。
 
ですが、ジェノサイドを中国は否定し続けているようです。
 

まあ、認めたら全世界からバッシングくらうからね〜

 
しかし2021年3月には、アメリカとイギリスを含む5カ国が
 
「ウイグル自治区で人権侵害が行われていることの圧倒的な証拠がある」
 
と発表し、中国に圧力をかける姿勢を見せました。(2021年3月のNHKニュースはこちら)
 

上記の問題を踏まえて、今回のユニクロのニュースに戻るとこんな感じ↓

ユニクロは人にも地球にもやさしいエシカルファッションだと思っていた方には、衝撃的ニュースではなかったでしょうか。

ユニクロがエシカルファッションといわれたサスティナブルな活動

続いて、「ユニクロってエシカルファッションじゃなかったの?」という疑問についてです。

 

その前に「そもそもユニクロがエシカルファッションだなんて知らないよ」という方もいると思うので、まずはエシカルファションについてカンタンに説明↓

英語を和訳したので、むずかしい単語が並んでいますね、、

要するに、地球と人にやさしい取り組みをしているファッションのことをエシカルファッションと呼びます。

 

本題に戻ると、、ユニクロも上記のような地球環境と人にやさしい取り組みを行ってきました。

世の中の流れからそれらの取り組みが評価され、「ユニクロ=エシカルファッション」と認知されてきたようです。

ユニクロが行ってきたサスティナブルな活動

それでは、ユニクロが行ってきたサスティナブル(持続可能)な活動について紹介していきます。

画像出典/ユニクロ公式サイト

服のチカラで、未来を変える。(引用:ユニクロ公式サイト)

ユニクロでは上記のキャッチコピーを掲げ、[ PLANET ][ SOCIETY ][ PEOPLE ]の3つの柱を設けて活動しています。

 

[ PLANET ]の主な取り組み
・サスティナブルな商品
・サスティナブルば原材料
・資源の有効活用
・瀬戸内オリーブ募金
[ SOCIETY ]の主な取り組み
・全商品リサイクル活動
・難民支援
・子ども/次世代教育
・スポーツ/文化
・ソーシャルビジネス
・緊急災害支援
[ PEOPLE ]の主な取り組み
・服づくりを支える生産者たち
・ステークホルダーエンゲージメント
(NGO/NPO団体との対話をつうじ社会的課題の理解、改善)
・ダイバーシティ推進

思っていた以上にいろいろやっていたのね!!

では、詳しい活動内容をご紹介。

PLANET:リサイクル商品を次々に発売!

ユニクロのサスティナブルな活動のなかの[ PLANET ]は主に地球環境に対する行動です。

記憶に新しいのは2020年11月に発売された「リサイクルダウンジャケット」

このダウンジャケットは、リサイクルされたダウンと羽毛100パーセントでできています。

100%はすごい!

「10の基準」の中では「持続可能な生計」「廃棄物のリサイクル」あたりでしょうか。

 

そして、リサイクルダウンジャケットだけでなく、ペットボトルから作り出した糸を利用した商品も販売されています。

その代表的な商品がメンズドライEXポロシャツ(半袖)↓

画像出典/ユニクロ公式サイト

2020年秋には2つのフリース製品にも利用されていました。

また、廃棄される糸から再生ナイロンを作り出し、リサイクルナイロンで作ったウエストポーチも販売しています。

画像出典/ユニクロ公式サイト

ユニクロでは最新の技術を利用して、資源を大切に利用していますね。

SOCIETY:難民の雇用や自立支援、衣類の寄付も

ユニクロのサスティナブルな活動のなかの[ SOCIETY ]は主に社会とのつながり、組合・団体を意味します。

このなかの活動では国連機関とグローバルパートナーシップを組んで、難民を支える活動をしています。
※難民とは、テロ・政治的な迫害などによって自国を離れ、他国に援助を求めている人。

  • 自立支援(2016年〜2018年)18,987名
  • 雇用支援(2020年4月末時点)121名

日本だけでなく、アメリカ・ドイツなどでも雇用をしているようです。

ユニクロがグローバルにある利点ですね!

 

また、不要になったユニクロの服を回収するといった取り組みをご存知の方もいると思いますが、そのリサイクル活動で集めた衣類を難民キャンプなどに寄付する活動も行われています。

画像出典/ユニクロ公式サイト

公式サイトから、この取り組みが2011年から継続して行われている様子が分かります。

PEOPLE:労働体制の管理と開示

ユニクロのサスティナブルな活動のなかの[ PEOPLE ]は主に個人、1人1人を尊重する働き方に対する活動です。

今回は、服づくりを支える生産者たちの労働体制を整えている点をピックアップ。

 

現在ファーストリテイリング(ユニクロの会社)では、すべての縫製工場と主要素材工場を対象に以下の項目について監査を実施しています。

  1. 労働環境
  2. 人権侵害
  3. 環境保全

第三者機関による監査後は結果を開示しているようです。

情報の開示は自信の表れでしょうか!?

ファーストリテイリングが行っている調査の詳しい情報はこちら☆

 

また、縫製工場・主要素材工場・縫製工場が委託している加工工場のリストも公開しています。

すべての工場が公開されているわけではありませんが、開示拡大に取り組んでいますよ☆

ファーストリテイリングの取引工場リストはこちら☆

 

ユニクロはエシカルファッション?ウイグル産コットンの使用は

ここまで見ていると、ユニクロは地球環境や人にやさしいファッションブランドのようです。

ではなぜ、冒頭でお伝えしたようなニュースが出たのでしょうか。

実際、ユニクロはウイグル産のコットンを使用しているのでしょうか。

 

ユニクロのファーストリテイリングは「この製品はウイグル自治区で生産された綿を使っていない」とコメントしているので、日本人として信じたいところです。
 
 
また、先ほど紹介した「労働体制の管理と開示」を見ても、できる限りのことをしているイメージでした。
 
ホームページでも「服づくりを支える生産者たち」として、ページが作られているので労働者を大切にしている印象です。
 

画像出典/ユニクロ公式サイト

 
 
細かいことはわかりませんが、きっと素材工場を調べれば分かるはずです。
 

専門家ではない母ちゃんは続報を待つのみ。

 
 
今回はアメリカの調査で、ユニクロがクローズアップされましたが次はどこのファッションブランドが同様のニュースになるか分かりません
 
言ってしまえば、どのファストファッションブランドも、このようなリスクを抱えているのが現状です。
 
強制労働なんて昔のこと。遠い国のこと。だとは思わずに考えていく必要があるのかもしれませんね!
 
 

私ももしかしたら今着ている服が、、と考える機会になりました。

【まとめ】着る服もまずは自ら考えてしっかり選ぼう!

2021年5月19日の「ユニクロ、アメリカから差しどめ!?」といった驚きのニュースについて触れていきましたがどうでしたか?

「そもそもニュースやウイグル自治区なんて知らなかった。」

「ユニクロのなにがエシカルなのか知らなかった。」

といった疑問が少しでも解消できていたらうれしいです。

 

そして、たとえユニクロが強制労働の末に生産されたコットンを使用していなかったとしても、すべてのファッションブランドが潔白ではないことは確かです。

 

今着ている服を大切にしながら、新調する際は「安いから」「お店が近いから」ではなく地球環境と人にやさしいファッションブランドを自分の目で選んで購入していきましょう!

今回のニュースで動く、今後のエシカルファッションに注目ですね☆

 

エシカル消費はファッションだけじゃない!今からできるエシカル消費の記事はこちら↓

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました