1ヶ月の献立表を作って家事を楽にしよう!メリットと献立表の作り方

家事

こんにちは。子どもの保育園の献立表をみては「おいしそ〜」と羨ましくなっちゃう母ちゃんです。

献立表といえば、みなさん毎日のごはんの献立に困ることはありませんか?

「今日のごはんどうしよう。」「あ〜買い物いかなきゃな〜。」

ごはんを作る前からダルダルモード、なんてことも。

そんな日々は今日でおしまい!
1ヶ月の献立表を自作して、残りの29日は献立を考えない日にしちゃいましょう。

私が1年間実践しているのは、平日の献立と休日の献立を分けて考えてカレンダーのマスを埋めて行く方法です。

「30食分も考えられないよ〜」

という方もご安心ください。マスが埋まらない時の対処法も紹介しています。
また、献立表を作るメリットもまとめたので参考にしてみてくださいね。

我が家の献立表と作り方

さっそく、献立の作り方を紹介します。

こちらが我が家のリアルな献立表です。(献立表のまとめページはこちら)

2020年3月の献立表


はじめから1ヶ月分の献立を考えるのは大変ですので、まずは1週間分の献立を立ててみましょう。

×は夫の夕飯が不要だった日です。毎月事前に聞いています。

①休日の献立を考える

私はまず、休日の献立を考えます。まだ日にちに当てはめなくてOK!このときのポイントは3つです。

魚料理
我が家では私も夫も生魚好きなので、魚料理は購入した当日に食べられるように休日に固定しています。(例:刺身・ネギトロ丼・海鮮丼)
夫でも簡単に作れるもの
休日も私が作る場合が多いですが、気分で夫に作ってもらうことがあります。その時のために簡単に作れる料理を設定しています。(例:チャーハン・うどん・オムライス・粉もん)
手のかかるもの
洗い物が多そうなものや、手間がかかるものは時間の余裕のある休日に作ります。(例:ハンバーグ・チキン南蛮・煮物・粉もん)

ご家庭にあった休日の献立を考えてみましょう。

②平日の献立はカンタンな料理

上記の献立表の黄○は下味冷凍・冷凍保存(あとレンチンのみ)のものを使った料理です。

仕事のある日は、ご飯に時間をかけていられないので鶏肉や豚肉を使った下味冷凍がほとんどです。解凍して焼くだけなので手間がかからず、簡単に調理できます。

下味冷凍料理でなくとも、レトルトや事前に作って冷凍しておいた料理(チキンライスやシチューなど)を使ってカンタンに済ませます。うどんや焼きそばなどの麺類もいいですね!

③休日からカレンダーのマスを埋めていく

休日の献立と平日の献立を踏まえて、休日→平日:忙しい日→平日:比較的時間に余裕のある日→平日:その他の日でカレンダーのマスを埋めていきましょう。

1週間分の献立表

上記の1週間のカレンダーが埋まればそれを4週分作ります。

なかなかカレンダーが埋まらない場合は、同じアレンジ料理で埋めてしまえばOK!

[ マスが埋まらない時の対処法 ]
・月に2.3回は同じ料理
・味付けを変える・アレンジする
例:醤油からあげ・塩からあげ / 煮込みハンバーグ・おろしハンバーグ / クリームシチュー・チーズリゾット etc.
・レトルトや冷凍食品を使う
例:餃子・カレー・お好み焼き etc.
・思い切って外食DAYにする

1週目と3週目、2週目と4週目を似せて作ることでマンネリは解消できます!

どうですか?無事にマスは埋まりましたか?

「く〜〜〜なかなか埋まらん。」

という方も次のメリットを見て、諦めずに埋めてみてください!

献立表をつくるメリット

1ヶ月の献立表を作る最大のメリットは毎日献立を考えなくてすむことです。

口癖は「今日(明日)の夜ごはんどうしよう」から「今日の(明日)の夜ごはん何だっけ」に変わり、料理に対する負担が軽減します。

小さなことですが毎日のこと。しかも正解のない問題はかなりのストレスではありませんでしたか?

メリットはこれだけにはとどまらず、いくつかあるので紹介していきます。

材料の把握がしやすくなって買い物の回数が減る

夜ご飯の献立を当日に決めると、材料が家にない場合もありますよね。
補える食材があればいいですが、疲れた身体にムチを打って買い物に行くなんてことも。

献立表を作ると料理が事前に決まっているので、必要な材料を把握することが可能です。

木曜日は生姜焼きだから、キャベツは1食分とっておこうかしら。

週に1度の買い物でも、材料の管理がしやすくなるため、わざわざ仕事終わりに買い物する必要がありません。
「献立を考える+買い物」という夜ご飯を作る前の大仕事が軽減します。

私は休日にドーンと1週間分の買い物をしています。
1.2回経験すると何がどれぐらい必要か見当がつくようになるので、買い物も一気に楽になりますよ☆

買い物の回数が減って節約になる

買い物の回数が減ると、不必要なものまで買うリスクが減ります
その結果、知らないうちに節約になっていた。なんてことも。

特に期間限定の商品や特売に目がない方など、衝動買いが多い方は大きな節約になるのではないでしょうか。

子どもを連れて買い物に行く場合は「ママこれ買って〜」「ママこれ欲しい〜」攻撃を受けることもしばしば(汗)

チリも積もって山となります。1回数百円の出費が月数千円に。年間にすると数万円!!

2日に1回買い物に行くとして、1回の買い物で200円のお菓子を衝動買いすれば200円✖️15日=3000円の出費です。

私はお酒好きのデザート好き。買い物のつでにアイスやお酒を買っていましたが、それも週に1回になりました。おかげで1ヶ月分の食費がみるみる抑えられるようになりました。

必要な食費を削ることなく、楽に月数千円の食費カットが可能になりますよ。

事前に下準備ができきて調理が楽に

当日に献立が決まった場合、味付けされているものを除いて調理もイチからです。

しかし翌日以降の献立が決まっている場合は、事前に下準備ができます。

お肉や野菜をひと口サイズに小分けしておいたり、魚の臭みをとっておいたりすれば当日の調理がカンタンです。

休日に下味をつけて冷蔵・冷凍しておけば平日は火を入れるだけ!なんてこともできてしまいますよ。

これを機に平日にイチから調理するのはやめにしましょう!

献立表を考えるのは生涯で1度だけでいい

1ヶ月分の献立表を1度作ってしまえば生涯ずっと使いまわせます。
もう一生考える必要はありません。笑

極端なことを言いましたが、正直、1度完成すればあとはほんの少しいじるだけでOKです。

実際に献立表を使ってみて、予想以上に手間がかかる料理を減らしたり、家族からリクエストの多い料理を増やしたりして毎月少しずつアレンジするだけで新しい献立表ができあがります

月に1回献立表を作るからといって、毎月頭をひねる必要はありません。

献立表が夫婦間をとり持つ!?

オット
オット

ごちそうさまでした〜!あ〜お腹いっぱいだ。

おいしく作れてよかった〜!さて、じゃあ明日の夜ごはん何が食べたい?

オット
オット

え〜と。今お腹いっぱいだから考えられない。なんでもいいよ!

え?作るの誰だとおもってるの?少しは考えてくれない?毎日毎日、(以下省力)

以前はリアルにこんなこともありました。
夫の気持ちも分かりますが、夜ごはんを作る身にもなって欲しいところですよね〜!

献立表を作りはじめてからは、そんな些細な喧嘩もなくなりました。夫にどんな料理が食べたいのか聞くのは、献立を作るときです。

子どもや夫の反応が良かった料理は覚えておいて、次の月は2回出したりしています。

献立表をお守りがわりに!

献立表を作ることで、毎日の献立を考える必要がなくなり日々の負担が減ります。また、先を見越すことができて節約・時短にもつながるといったメリッがたくさんあります。

完全オリジナルの献立表なので、「今日はからあげの予定だったけど、揚げものめんどくさいな〜」と思ったら変更◎柔軟に対応してOKです。

献立表はお守りのように、メモ帳か写真に撮ってスマホに入れておくと、どこでも見ることができるのでとても便利です。

献立表を作って日々のプチストレスをなくしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました